低糖質ダイエットは主食選びに工夫が必要

低糖質ダイエットは主食選びに工夫が必要

様々なダイエット法のなかでも、注目度が高まっているのが、低糖質ダイエットです。

 

 

食事で摂取する糖質量を減らすことで、健康的に痩せられるところが低糖質ダイエットの特徴です。米、パン、麺といった糖質を豊富に含む食べ物を控えるためには、主食選びに工夫が必要となります。低糖質ダイエット中でも、やはりお米を食べたいという場合には、白米にこんにゃく米を混ぜて炊くのがおすすめです。

 

 

こんにゃく米は、白米そっくりの見た目に作られていて、混ぜてあることがぱっと見では分からないほどです。適度なもっちり感もあり、白米に近い美味しさを感じられるところが魅力です。パンでは、コンビニで販売している低糖質パンが役に立ちます。小麦粉のかわりに、糖質の低い大豆粉などを配合して作ってあります。

 

 

 

パンの香ばしさや食感は保ちつつ、糖質の低さを実現した低糖質パンは、売り切れになる店舗も出るほどの人気ぶりです。低糖質ブームの高まりと共に、大手のコンビニ各社が開発に力を入れていて、味にも糖質の低さにも妥協せずに作られた、満足度の高い商品が並んでいます。

 

 

食事と合わせて食べやすいシンプルなテーブルロールのほか、菓子パン類も販売されていて、幅広いシーンで楽しめます。低糖質ダイエット中に、麺類が食べたくなった時の強い味方が、こんにゃく麺です。こんにゃく麺は、低カロリー、低糖質のこんにゃくを麺状に作ったもので、表面にスジを付けることで味が染み込みやすいようになっています。

 

 

合わせるスープやソースによって、和洋中色んなアレンジで味わえるところもこんにゃく麺の魅力です。麺にスープやソースをセットにした商品も販売されていて、忙しい人でも手軽に低糖質麺を楽しめます。また、こんにゃく麺以外では、豆乳やおからで作った糖質0の麺も登場しています。コンビニやスーパーマーケットで手に入る商品を賢く活用することで、無理なく低糖質ダイエットを継続できる時代になっているのです。